1. ご挨拶

    興味をもってくださりありがとうございます。

  2. プロフィール

    碧宮レイラの想いをお伝えします。

  3. お申し込みの前にご確認ください。

    お客様の利益を守るためにも。

カードについて

オリジナルカードづくりプロジェクト、進行中です。

いま、オリジナルカードの作成を進めています。

初めての経験です。静かにワクワクしています。
今日は、オリジナルカードへの想いを打ち明けたいなと思って、
そして、あなたの意見も聞いてみたいなあと思って、
この記事を書いています。

なぜオリジナルカードを作ろうと思ったか。

自分にピッタリのカードで、
のびのびと活動したい。

のびのびとリーディングすることで、
お客さまにもより質の高いサービスをお届けしたい。

この気持ちからです。

カードリーディングでは、
カードとの相性が、ものすごく大切です。

今使っているカードたちも、
とても相性が良いものを選んでいます。

ただ、市販のカードを使うにあたっては、
画像に関する著作権などの権利関係を、
リスペクトする必要があり、
使い道の自由度という点においては、
「のびのび」からは少し距離がある状況でもあります。

「のびのび」と、ベストなサービスを更新し続ける。
100%自由に使えて相性の良いオリジナルカードを作る。

サービスを始めた当初から、
ずっと、思い描いてきた目標なのです。

いま、動き始める理由。

占い師歴が何年であろうと、
道具にはとことん、こだわって良いと思っています。

おかげさまで、
リピートしてくださる方が増え、
気づきに満ちたご感想に多く触れることで、
リーディングに対する自信も積み重なってきました。

また、お客さまと接する中で、
リーディング内容だけではなく、
わたしの言語化能力や、
コーチング能力にも、
価値を感じていただいていると気づき、
こんな思いもさらに強く出てきました。

占いだけではないコンテンツも作っていきたい。
権利関係への配慮にあまり神経を使わずに、
とにかく、のびのびと活動したい。

気持ちを形にする上で最大の壁は、
イラスト、デザイン、印刷といった、
複数の異なる領域にアプローチし、
ディレクションする必要性でした。

今年の9月。
ふとした出来事をきっかけに、
この壁が柔らかくなりました。

後述する素敵な方の協力が、
得られることになったのです。

チャレンジが始まりました。

どんなカードにしたいと思っているか。

「誰もがひと目みてイメージを抱きやすく、
他人事ではなく、自分事として、
地に足のついたメッセージをお伝えできるカード。」

オリジナルカードは、これを目指しています。

日々懸命に生きているだけでも、素晴らしいのですよ。

そこに、カードリーディングを足してみてほしい。

なぜか現状に即したシンボルが出て、
その現状と地続きになっている近未来が浮かび上がる。

偶然という必然のチカラを受け取り、
そのメッセージを自分のチカラで、
自分の日常生活にインストールすることで、
より一層、あなたの内側が輝き出す体験をしてほしい。

開運グッズを身につけて息を潜めて幸運を待ち構えたり、
書くだけで願い事が叶うノートに同じことを書き続けたり、
一から十まで占い師に聞いてからでないと怖くて動けない。

そう、自分の人生を生ききるということを、
あまりにも勘違いしている、
かつての私のような人を、もう見たくない。

だから、宗教色が強かったり、難解で神秘性が過ぎるなど、
自分の内側よりも「特別なもの」に依存しやすいイメージを払拭し、
シンプルなのに解像度が高いカードにしようと思っています。

こんな人と、こんな経緯で一緒に作っています。

ガラスペン作家。キャリアコンサル。
繊細な人の活動を支えるサポーター。音楽活動。
多方面にわたる活動を、
イキイキと精力的に楽しまれている宮城景花さんと、
一緒に作っています。

景花さんとは、わたしがデビューしたての頃からのご縁です。
とても素晴らしい文章を書かれる方で、
SNSで投稿されるブログも楽しみにしていました。

一年くらい前から、
ガラスペンで描いた絵の投稿が始まりました。

ガラスペンには、インクの濃淡も相まって、
素朴ながら、奥行きの感じられる深遠な雰囲気がある。

おそらくカードを作ったら面白い。
そう思っていました。

まだ夏の面影が色濃い9月初めのこと。
ふとしたきっかけで、動き始めました。

オリジナルカード作りを本格化させたいなあ。
なるべく早めに着手したいなあ。
スピード感が大切だよなあ。

そう感じていた時に、
景花さんから別件でコンタクトがあったのです。

このタイミングで、
ガラスペンでカードを作るんだ!

そのイメージがぐっと強くなり、
早速、景花さんに、こんなカードが作りたいです、
と、カジュアルにシェアしてみました。

世の中のカードには、
やたら神秘性を強調したもの、
やたら魔術的な雰囲気なもの、
とにかく視覚からの情報量が多過ぎる、
と感じられるものが多い。

イラストってすごく大切。

その点、ガラスペンには、
インクの濃淡も相まって、
素朴ながら、奥行きの感じられる、
深遠な雰囲気がある。

単純なシンボルにこの雰囲気をまとわせれば、
シンプルなのに解像度の高いメッセージを出せる。

イラストを目にする方も安心を感じられる。

こんな話をしてみたら、
すぐに想いを理解していただけました。

景花さん自身も、
自分で使ってみたくなるカードってあまりない、
と感じていらっしゃったのです。

シンプルなのに解像度の高いメッセージ。

このイメージを反映して、
ベーシックな、ブルーブラックのインクで、
シンボルを描いていただくことにしました。

少し落ち着いた頃から、
早速イラストをシェアし始めてくれました。

制作途中のイラスト

ガラスペン講座で、
全国を飛び回っているにもかかわらず、
32のシンボルのうち、
すでに7割ほどが形になってきています。

景花さんは、人脈も人望もあり、
プロデュース力、ディレクション力にも、
大変長けていらっしゃる方なので、
イラストを描くだけではなく、
デザイン、印刷方面についても、
積極的に差配してくださっています。

あなたの意見もぜひ知りたいです。

オリジナルカードの完成には、まだもう少し、
時間がかかります。

「誰もがひと目みてイメージを抱きやすく、
他人事ではなく、自分事として、
地に足のついたメッセージをお伝えできるカード。」

目指すオリジナルカードのイメージです。

わたしたちの想いに共感してくださる方や、
ガラスペンに興味がある方、
応援の気持ちで純粋な関心を寄せてくださる方、
いらっしゃいますか?

そんなあなたのチカラを、ぜひお借りしながら、
このプロジェクトを、
楽しく進めていけたらと思っています。

進行中のイラストやデザインを見ることができたり、
「このイラストにどんなイメージを抱きますか?」
「どんな名称にしよう?」
「この中から好きなものを教えてください!」
といった、
こちらからの問いかけに答えていただくことができるような、
気軽な交流の場を作ります。

応援の気持ちがあれば、
やり取りを眺めてくださるだけでも大丈夫。

イメージが形になっていく過程を、
気軽に身近に感じてみることで、
自分が感じたことをシェアしてみることで、
あなたの心も開かれるきっかけになる。
そんな気がしています。

このような場を主宰するのは初めてなのですが、
とにかく安心して、楽しくて、なんとなくためになる、
と感じていただけるように、気を配りたいな、
と思っています。

お互いの純粋な好奇心を大切にできる、
自立した大人同士の空間にしますね。

今後もろもろ整ったら、
Facebookで参加を募りたいと思いますので、
まずはお友達になっていただけたら嬉しいです。
(カードに興味あり!と一言寄せてくれたら、さらに嬉しい!)

こちらのコラムでも、動きがあったら更新していきますね。

関連コラム