ルノルマンカードとコーヒーカードの魅力

ルノルマンカードとコーヒーカード。現在カードリーディングで積極的に使っているカードです。ヨーロッパ由来のどちらも「かわいい顔して意外とハッキリ言うのね!」なカードたち。枚数やシンボルに異なる点があるものの、同種の起源を持ちますので、共通する魅力があります。今日はその点についてざくっと書いていきますね。

(文中に掲載している写真は私物カードです。ルノルマンカードは「実践ルノルマンカード入門」(高橋桐矢(著) 加藤木麻莉(絵))付録、コーヒーカードはFCM「FORTUN TELLING COFFEE CARD」です。)

共通する特徴

・普遍性のあるシンボルがシンプルでわかりやすい。ルノルマンは36、コーヒーカードは32枚のカードがあり、各々1つのシンボルが割り当てられています。太陽なら太陽、百合なら百合のシンボルだけが描かれており、1枚のカードが持つ意味を複雑化していません。また、描かれているシンボルも、誰にでもイメージがわく普遍的なものばかりで、パッと見たときに、例え鑑定師でなくてもイメージがわきやすく、印象に残りやすくなっています。

クローバーは小さな幸運、感謝。アンカーには安定、天職。などイメージ通りの意味が割り当てられている。

・相談者の目線/視座を示すカードがある。自然のカード、動物のカード、天体のカード等と並んで人物カードがあります。例えば「淑女」「紳士」のカードです。相談者が女性で、ご本人のお悩みについてカードを展開する場合、「淑女」をご本人と見立ててカードリーディングをします。ご本人を取り巻く状況をみる、と良く表現しますが、文字通り、ご本人を現す「淑女」のカードを中心に読み解いていくので、視覚的にわかりやすく説得的です。

ルノルマンの「紳士」「淑女」のカード

・複数カードのコンビネーションでクリアに深く読み取る。1枚に1シンボルですが、スプレッドに応じて2枚、3枚、5枚、9枚とコンビネーションで読み解くことで、はっきりとしたメッセージが出てきます。主語+述語、過去→現在→未来、理想と現実軸等で読んでいきます。また、印象的で特別な意味をもつ組み合わせもあり、例えば、幸運のシンボルである太陽や星と、雲が隣り合わせになった場合には、幸運度が薄くなるとか、見えにくくなっているといった解釈をすることになります。

・絵が可愛いので楽しい。特にわたしが使っているデッキはデザインが素敵なので、わたくしも使っていて楽しいですし、絵柄をみたときの印象が明るくて軽やかなので、見ているお客様も元気が出るようです。

グランタブローがすごい

グランタブローは、フランス語で「大きな絵画」という意味です。相談者の運勢を取り巻く状況を一枚の絵画のように可視化します。

コーヒーカード32枚のグランタブロー(トラディショナル)

宿命ではなく運勢をよむ占術になりますので、3か月から半年、長くても1年がターゲットになります。

ベーシックな読みかたの例としては、相談者本人を示すカード(上の写真の場合だと「淑女」。上から二段目、右から4枚目)の出た位置、周囲のカード、相談者が特に知りたいことに応じたキーカードが出た位置、本人カードとの距離、周囲のカード等から、時間軸(過去→現在→未来)と活動軸(思考→行動→結果)をもって読み解きます。お相手との関係性を見るときには、お相手を示すカードとの距離感はもちろん、お顔が向き合っているかどうかも読み取りの対象となります。シンプルで普遍的なシンボルだからこそ、これだけの枚数を展開してもうるさくならず、必要な情報を読み取りやすくなっています。

実はグランタブローにも種類がありますし、グランタブローの他にも様々なスプレッドがあります。特に具体的な相談事項がなくても、総合運をみていくこともできますので、ご依頼にに応じて最適と思われるスプレッドを選んで鑑定させていただいております。

ルノルマンとコーヒーの違い

せっかくなので、違いについて少しだけ触れておきます。

・枚数が違います。ルノルマンは36枚、コーヒーカードは32枚です。枚数が異なっても、スプレッドはおおむね同じように使うことができます。

・絵柄はおおむね被っていますが、お互いにないものがあります。例えばお花のカードで言うと、「百合」のカードはどちらにもありますが、「薔薇」のカードはコーヒーカードにはあり、ルノルマンカードにはありません。コーヒーカードでは、薔薇に性的な魅力をまとわせ、百合にはプラトニックさを際立たせることになります。コーヒーカードの方が本能的と称されますが、たしかに少数精鋭で素朴といったイメージがあります。使用しているコーヒーカードには、開発のFCMさんがオリジナルで入れたシンボルも入っています。

以上ルノルマンカードとコーヒーカードについて簡単に紹介してみました。鑑定書の中でも由来等含めた説明をしていますが、追々、スプレッドの種類についても紹介できればなあと思っています。

読んでくださってありがとうございました。

関連記事

PAGE TOP