改めてコーヒーカードが好きな理由を。

碧宮レイラです。メール鑑定メインのカードリーダーで、現実をモチベートする鑑定、使える鑑定、気づきを量産する鑑定を提供しています。

今日は、改めてコーヒーカードが好きな理由を書いてみますね。大きく3つあります。

デザイン:かわいくてほっとする(FCM社のものを使っています)

使われているシンボル:シンプルで日常的だからイメージを共有しやすい

カードの由来:エンタメ感+安全で有用な内省を深める手段

特にこの由来「エンタメ感+安全で有用な内省を深める手段としてのカード占い」がわたしの感覚と非常にマッチしています。以前書いたブログ記事を再掲します。

ちょっと長いのですけれど読んでみて。へー!ってなると思う。

コーヒーカードの原型とされる18世紀のコーヒーパックとその解説書は大英博物館に現存するのですが、前書き等を読んでみると、編集者の方が、偽オカルトやうさん臭い金儲け主義で詐欺まがいの占い師や祈祷師に嫌悪感を抱いていて、人々が悪影響を受けていくのを何とかしたいと思った様子がうかがえるのです。

どうやら、人々が純粋に楽しみながらも、有用な内省を進めていく手段として、カードという娯楽の形をとることにしたようなのです。

当たるのその先、自分の気づきこそが大切と考えているわたしがこのカードに辿り着いたのも必然だったんだ!と驚きました。シンボルはエジプトのヒエログリフを読み解いて選んだとも書いてあり、編集者の方の熱意に感じ入りました。

例えば 5番蛇のカードは、あまり怖くないイメージの蛇が地を這う様子が描かれていて、A secret Enemy endeavours to injure You; try by Kindness to make him Your Friend. (仮訳:あなたを傷つけようと必死になっている敵が潜んでいる。思いやりをもってあなたの友にしようとしてみて。)というメッセージが添えられています。

蛇のカードは非常に解釈が難しいとされているのですが(蛇というシンボル自体、宗教観や文化によって神だったり悪の象徴だったり、解釈が分かれますよね)、こうやって基になっているメッセージに触れてみると、自分を傷つけようとしている誰かに対して自分にもできることがある(安易に祈祷とかうさん臭いものに頼るな)という18世紀の編集者の想いが込められている気がして、非常に参考になりました。

いかがですか?

実際、リピーター様の中にも、このカードはシンプルで変な感じがまったくしないから好き、とおっしゃられる方もいます。

これまでタロットがちょっと怖いと感じる方、解釈がわかりづらいと感じる方でも、このコーヒーカードを使ったリーディングなら、きっと一緒に楽しんでいただけると思います。

現在受け付けている期間限定メニューBluePrint2022FHは、このコーヒーカードを使います

エンタメ感と安全安心な有用性を追求してバージョンアップさせてきたメニューです。

鑑定内容が要約されたスライドを事前にシェア。そのスライドを一緒にみながら45分間の解説セッションを行います。

鑑定内容は、2022年上半期のあなたに知っておいてほしいこと。
ー基本的運勢、ターゲット運(仕事OR恋愛OR金運)、課題となるテーマ。
ー月別のワンポイントアドバイス。
ーこれらを総括して3つに集約したメッセージ。
になります。

 

2022年への不安が軽くなり、見通しが胸の内に満ちてくると思います。

しかも、後日、見返したいときに見返すことができます。
自分でメモを取りたい派の人も、メモ取りが最小限で済みます。

占いがその場限りで自分事にならない理由は、伝え方にも一因があるのかもしれないと思って色々と工夫してきました。
その工夫は、サクッと要点を掴んで自分のものにしたい忙しい方にも、きっと歓迎していただけるものだと思います。

詳細・お申し込みはこちら↓

関連記事

PAGE TOP