「キラキラスピ」とかっていう表現を軽く定義してみる(自分用)

いつもと違う夏。いつも通りの夏。わたしたちの目の前にはどちらもありますね。皆さまいかがお過ごしですか?

さて、いわゆる占いや自己啓発界隈では「キラキラスピ」「ゆるふわスピ」などという表現をよく見かけます。どちらかというと批判的な文脈で使われています。占いジプシー、セミナージプシーといった表現もまさにそれですね。

今日は「○○スピ」という言葉を批判的な意味合いで使う場合、わたし自身が捉えている意味合いというか特徴のようなものをあらためて言語化しておこうと思います。自分の頭の整理の意味合いが強くて、誰かを説得するために書いていないので、言葉足らずの部分も多いと思います。また、今後、経験を積み重ねていく中で、加筆修正をすることもあると思います。ご興味があれば、ご参考までに読んでいただけたらありがたいです。

「本人のチカラを活性化させることを目的とせず、ひたすらに提供側のチカラを注ぎ込む(注ぎ込んでもらう)ことで問題解決を図ろうとする」(結果として外側に依存的になる)

「絶対的な光や陽や善の存在を前提として、それと繋がることだけに価値を見出し、自分の心の中の闇は無視したり、全否定で外側から消してもらおうとする」(結果として外側に依存的になる)

「〇〇を持つだけで 〇〇を唱えるだけで 願望が叶うとする」(結果として外側に依存的になる)

「引き寄せ法則を理由に何でもかんでも盲目的に自動的にポジティブ変換することを押し付ける」(ネガティブを味わい検討した上でのポジティブな意味合いをも見出すという過程を経ないので、結果としてネガティブは残り続けるし、引き寄せの法則どおりネガティブな出来事が引き寄せられる)

「引き寄せ法則(思考の現実化)を前提にリスクを考えることを放棄させようとするが最終的には自己責任と突き放す」(最終的に自己責任であることは間違いないし、失敗を恐れすぎないことは限界を超えていくために必要だが、リスクの検討をした上で自ら納得した上で選ぶことが前提だと思っている リスクの検討によりそのリスクが現実化する可能性があるから回避するというのは恐怖心を恐怖心で上書きさせるようなもので賛成できない)

「提供側が自分(物)にできることとできないことを理解していない、扱える範囲を超えていると気づきながら意図的に伝えない。例えばエネルギーバンパイアされている人が慢性的なエネルギー不足に気付かないまま自己啓発に努めても思うような成果が得られないのだが、占いやカウンセリングではコードカットはできないのに励ましと時が解決するという美辞麗句で終わらせてしまう(結果として本当の課題が放置される又は悪化する可能性がある)

※「エビデンスの有無はあまり関係がない」(何らかの権威が収集したエビデンス=客観的真実、とは限らないと思っているし、個々の事情(周波数)により合う合わないがあるし、「信用」されるためのコピペ列挙に終始している場合があるから)

※「表現の柔らかさとか、絵文字が多いとか外形的な表現ぶりはあまり関係がない」(差別化、自分の優位性を保ちたいがためだけに「〇〇スピ」を攻撃的に揶揄するパターンもある)

だいたいこのあたりでしょうかね。提供側だけの責任ではないという思いがあるので、視点が提供側と被提供側とでブレていますがあえてこのままにしておきます。

おそらく、「〇〇スピ」「スピジブシー」と揶揄する人たちも、その手のサービスを使ったことはあり、一時的に気持ちが落ち着いたり、何らかの知識やヒントをもらったりした上で、いまその立場にいるのだろうと推察されるのですが、そこらへんのいきさつは全カット、あるいは裏ではいまだに使っている、というパターンなど、なかなか興味深いなーと眺めています。

わたくし自身は、様々なサービスを受けてきて、そのおかげで今があると思います。後悔ってあまりありません。ただ、今の自分にとって必要かと問われれば、NOと答えるものも沢山あります。わたしにとっての調和が不調和だという人もいるだろうし、その逆だってあると思います。

あくまでも、自分の人生の主役は自分なんですよね。他人のサポートはもちろん必要ですけれど、上記に書いたようなサービスを使い続けていれば、自分の人生の主役が誰かや何かにとって代わられてしまうと思うのです。わたしはそれが嫌なので、今後もしっかり見極めていきますが、自分自身の探究自体は、これからも続けていきたいと思っています。わかったことでさらにわからないことが増えたり、わからないことはわからないままかもしれないけれど、知りたいと思う気持ちに従って。

関連記事

PAGE TOP