名もなき究極の浄化で調律。

11月8日。紫鯨亭直さんの共鳴法整体施術日。都内某所にて。かれこれ3回目です。今回は「名もなき究極の浄化」も体感することができ、紫鯨亭さんの進化に驚愕してしまったのでした。

まずは「共鳴法整体」のイメージをお伝えするために、初めて施術を受けたときに書き留めたメモを転記しますね。

昔、たまーに受けた整体って、痛いとか張ってると不調を申告した箇所を、モミモミしたりグリグリしたり伸ばしたりするものだった。なんとなく当該箇所のコリはほぐれたような…でも、なーんかだるくて重くてバランスが変な感じ…
共鳴整体はもう異次元に違った。全然違う。
着衣の上から触れる、ちょっと押す、くらいの刺激で、あるいは全く身体には触れずに、しかし身体が即座に反応する。
あっちを整えたことで、こっちで隠れていた不具合が顔を出し、丁寧にその不具合をぬぐっていくそれは、まさに繊細な調律。
たぶん5年前のわたしでは、キャッチしきれなかっただろう。

このとき自覚している深刻な身体的不調はありませんでした。でも、Kaorissimaさん主催の紫鯨亭さんの波動学講座を受けたご縁で、不調認識していなくても不具合が発見されるパターンがある、と伺ってわたしのアンテナが作動したのです。初めて受けた施術では、大きな不具合を正すというよりは、エネルギーの通り方が地球寄りか宇宙寄りかをみつつ(わたしは宇宙寄り)、スムーズに流れていくように整えることがメインでした。施術後は眼がバチっとあいて視野がパッキーンと広がりました。立ったときのグラツキも少なくなり、しっかりと地球に立てている感覚も出ました。元気な状態って不調和を調和させるだけで得られるはずなのですよね。元に戻すだけでいい。究極的には。そう納得したので、定期的にお世話になることにしました。

で、紫鯨亭さん、お会いするたびに進化なさっています。わたし自身、初回施術時は、わりとのんびりとマイペースで過ごす日々でしたが、2回目の施術、3回目の施術の際は、おかげさまで随分と忙しくなったことや、内面的な揺さぶりも重なり、自覚的な不調箇所も、無自覚な不調和部分も増えたので、紫鯨亭さんの進化の恩恵にあずかって整えていただくことができています。

紫鯨亭さんの施術は、大きく分けて、身体側とエネルギー側の両方を調律するのですが、今回特にすごかったのは後者の「名もなき究極の浄化」最近手にされたまだ名前のない技というか術です。グラウンディングチェックや身体側の調整を終えたあと、軽く目をつぶって仰向けに横たわります。5分間くらいでしょうか。脳内スクリーンには暗い赤色をした網目模様なものが浮かんで広がり、五芒星、つぎに六芒星が中央に浮かんでは消え、最終的には、特に何もない、という感じでした。目を開けてから、ご説明いただいたのは、わたしにまつわるあらゆる情報を時空間関係なしにたどって、重くなっているものを取り出すと、不要なゴミが取り外されて然るべきところに消え、わたしが必要とするものだけが戻っていく、ということをしたとのこと。現実世界で感じていた重さや怒りやこだわりがどうでもよくなる、みたいなことをおっしゃる。要するに不調和を引き起こしているゴミをとっておけば自然に調和に戻ると。そこで、わたしがもう半年以上にわたってウーン。。自覚あるのかどうかわからないけれどわたしのエネルギーを吸っているのではないか?という印象を持っている人がいることを思い出しました。その人の情報を目にするだけでざわつきイラつくんですね。何か変だな~と思っていました。で、その人のことをのことを思い浮かべてみたら、たしかに何も感情が動かない。もうどうでもいいや、みたいな投げやりな気持ちではなくて、ただただ、なんかもう動かない。ざわつき方を忘れてしまったみたい。という経験をしました。

で、驚くべきことに、エネルギーを吸われているっぽいと感じている人の存在については事前にはお伝えしていないのです。問題の所在はこれだと特定して言語化する必要がないということのようです。「なにも言う必要がなく、調和に向かって自動調整される。」ってすごくないですか?しかもこれ、対面でなくても遠隔でも可能なんだそう。形式による効果の差も実はあまりないと。そこでど素人のわたしは、電話でもオンラインでも、電波とか諸々介在するものの影響を受けそうなのにどうして?例えば周波数も動画だと上下カットされますよね?と質問してみました。わたしなりの理解では「そういう次元の話ではない。電波を「通す」というより「包み込んでいる」というイメージで施しているものだから影響は受けない。カットされていると言われている周波数も「五感」には届いていないけれど届くべきところには届いている可能性もある。」ということでした。遠隔については実際に受けていないので確たることは申せませんが、「たった5分で何も言う必要がなく、痛みも何にもなく、ただ調和に向かって自動調整される」という名もなき究極の浄化がある、ということです。

今回は身体側でも、自覚のあった股関節や鼠径部の痛みほか、諸々の不調箇所が続々とみつかりました。これはですね、、、「ホームページリニューアルに伴い、長時間不自然な姿勢で、根詰めて作業をしたこと」が主な原因のようでした。股関節をぐりぐり押したり、足をバキバキすることは一切なく、足首やふくらはぎに触れたりなんかしているうちに、ものすごーく違和感があった胡坐姿勢が非常にラクにとれるようになりました。超簡単なセルフケアの方法もばっちり教えていただきました。また、これは事前にお伝えしていたのですが、本来高温期であるべきときに、長期にわたって通常よりかなり体温が低かったという問題がありました。低体温は血流が悪い、つまり血液中に含まれる白血球の働きも鈍くなるから、諸々の対処スピードが遅くなり、免疫力が下がってよろしくないので、気にかかっておりました。で、今回の調律によって、滞りを手当てしたから体温も戻るでしょう、とおっしゃっていただきまして、翌朝検温したら、見事全盛期に戻っておりました。これでしばらく安心かな。

紫鯨亭さんありがとうございました。施術会の情報等↓

関連記事

最近の記事

  1. 2021FHお申込み受付は12月1日まで

  2. 秋の蝶。

  3. 徒然なるままに20201115

鑑定メニュー

お客様のご感想

mariagridについて

PAGE TOP